Mail Magazine

 

Archive

TWS渋谷 クロージング・イベント

トーキョーワンダーサイト渋谷、最後のイベント!!

web_B02.jpg

  • 会 期:
    2017年09月17日(日)
    時 間:
    19:00 - 20:30
    入場料:
    無料
    主 催:
    公益財団法人東京都歴史文化財団 東京都現代美術館 育成支援課
    会 場:
    トーキョーワンダーサイト渋谷
    アーティスト:
    オル太+開放回路、西原尚、潘 逸舟

2001 年より若手アーティストの発掘、育成、支援を行っているトーキョーワンダーサイト(TWS)の2館目として2005年に開館したTWS渋谷。国内外のオルタナティブスペースや国際的な芸術文化機関との連携プロジェクトをはじめ、国際的に活躍する海外のクリエーターや日本の若手クリエーターを紹介するなど、既存の美術館やギャラリーの枠組みを超えたスペースとして活動してきました。このたび2017年10月に、東京都現代美術館が運営する「(仮称)東京都渋谷公園通りギャラリー」として再整備するために9月末で運営を終了します。TWS渋谷としては最後の開館日となる、「渋谷自在―無限、あるいは自己の領域」の最終日にクロージング・イベントを開催します。
TWS渋谷最後のパフォーマンスをお見逃しなく!



==========

○オル太+開放回路|OLTA+OPEN CIRCUIT
2017年より日本と韓国における祭りや芸能を通じて、現代における伝承のあり方をリサーチするプロジェクトを共同で実施。今回のパフォーマンスは、2017年11月の「開放回路」(ソウル)での上演に先駆けて「伝承 Pang Pang ν(ニュー)」(仮)を発表します。

olta01.jpg
オル太《Walking Cascade》(釜山ビエンナーレ2016)
Photo: Keunha Cho

opencircuit.jpg
開放回路



○西原 尚|Nao Nishihara
楽器や木材、金属など見慣れたものを素材に、聞いたことのないような音を作り出して好奇心をくすぐり、聴衆の可能性を追求する作品制作やパフォーマンスを行っています。「渋谷自在―無限、あるいは自己の領域」での展示作品《音の生活》を舞台に、音と視覚、身体を使った表現を試みます。

CqJFSOEVIAIOhYp.jpg
Tresure Hill Artist Village(台北)でのパフォーマンス、2015




○潘 逸舟|Ishu Han
「アイデンティティ」をテーマとして自らの身体を用いた映像作品を軸に、インスタレーションや写真、絵画などを発表しています。パフォーマンスをとおして、社会の中での自己と他者の関係性を浮かびあがらせます。

プロフィール.jpg



TOP