Mail Magazine

 

Archive

エキジビジョン

273 山内祥太 / 274 伊藤夏実 / 275 鹿野洋平

TWS-Emerging 2017 【第2期】

TWS_Emerging_2017_webbnr_A.jpg

  • 会 期:
    2017年07月22日(土) - 2017年08月20日(日)
    休館日:
    7/24・31、8/7・14
    時 間:
    11:00 - 19:00
    入場料:
    無料
    主 催:
    公益財団法人東京都歴史文化財団 東京都現代美術館 育成支援課
    会 場:
    トーキョーワンダーサイト本郷

---------------------------------------------------------------

オープニング・イベント | 7月22日(土)16:30-18:00
ゲスト|中野仁詞氏(公益財団法人神奈川芸術文化財団/ヨコハマトリエンナーレ2017 キュレーター)

---------------------------------------------------------------

273 山内祥太 「恐怖の回り道」

私は「本物とは何か」というテーマで作品制作を行っています。それは私たちが生きるこの世界をどう捉え、代理表象(Representation)できるのか、ということを考え、形作ることです。「本物」の対義語は「偽物」という言葉にあたりますが、二項対立で表象できるほど現実世界は単純ではありません。私の目の前の世界がいつも伸縮を繰り返していて、その都度、前進したり後退したり距離を感じながら生活しています。


yamauchi.jpg
《恐怖の回り道》2017、ビデオインスタレーション



274 伊藤夏実 「動くものと動かないものとの境界も、力の中心も、無数にあるのではないか。」

運動の中心、天動説。
身の回りの相反するものでペアを作り、異なるもの同士を1つに統合する。それにより1つの中心が2つの相反する性格を持ち、境界線が混ざり合う。そのせめぎ合う力が物事の運動、変動の源だ。境界線・ペアをこの世界で見つけていくことで、運動を生み出す力の中心を多数見つけられるのではないか。


274_ito01.jpg
《天動説 動作の中心を捉える》2016、ベニヤ板、竹、画鋲、油性ペンキ



275 鹿野洋平 「すべてはよその声」

1970年当時にオープンリールのテープレコーダーで録音された、私の親戚から送られてきた「声」。その音を素材に、現代に生きる様々な別人の身体の発話の様子をあてがうことで、過去の声の記憶を新たなイメージとして展示空間に再生していく。「声」というものがいかに個人的で生理的なものなのかを可視化し、今は亡き声との対話を試みる。

275shikano01.jpg
《すべてはよその声》2016、映像インスタレーション

TWS-Emerging 2017 一覧にもどる

TOP