Mail Magazine

 

Archive

エキジビジョン

7つのトランスフォニー

7transphonies.jpg

  • 会 期:
    2017年04月22日(土) - 2017年07月09日(日)
    休館日:
    月曜日
    時 間:
    11:00 - 19:00
    入場料:
    無料
    主 催:
    公益財団法人東京都歴史文化財団 トーキョーワンダーサイト
    会 場:
    トーキョーワンダーサイト渋谷
    アーティスト:
    アンドレアス・グライナー
    ミルナ・バーミア
    リギョン
    ラウル・ワルヒ
    シリン・サバヒ
    エリック・シュミット
    ホウ・イーティン

    イベントチラシをダウンロード (2.2 MB)

トーキョーワンダーサイト(TWS)では、世界中のクリエーターが滞在制作を行うレジデンス・プログラム「クリエーター・イン・レジデンス」を2006年に開始しました。アート、映像、音楽、建築など様々なジャンルや国籍のクリエーターたちが、東京や海外の派遣先を舞台に滞在制作を行っています。

本展では、2015年から2016年にTWSレジデンスに滞在した7名による作品を発表します。ボーダーレスな都市・東京は、そこで暮らし出会う一人ひとりの声が集まり重なった様々な協和音、不協和音を奏でています。ひとつに聞こえる音の中にも、実は様々な波動が含まれています。海外から来たクリエーターたちは、異文化の声、異国での隣人の声、東京で出会ったアーティストたちの声を聞き、自らの声と合わせて文化間を越える新たな声/音"トランスフォニー"を生み出します。7名のクリエーターによる7つのトランスフォニーをぜひご鑑賞ください。

====================================
オープニング・トーク
日時|4月22日(土)15:00-17:00
会場|トーキョーワンダーサイト渋谷
出演|アンドレアス・グライナー、ミルナ・バーミア、リギョン、
   ラウル・ワルヒ、エリック・シュミット、ホウ・イーティン
※日英逐次通訳あり/予約不要
====================================

 

アンドレアス・グライナー|Andreas Greiner
2016年度海外クリエーター招聘プログラム

1979年ドイツ生まれ。ベルリンを拠点に活動。2013年ベルリン芸術大学空間実験研究所(オラファー・エリアソン・クラス)修了。「六本木アートナイト2016」参加。生物そのものを作品に取り入れ、存在のはかなさや移り変わり、人と生物の係わりや関係を探究。科学者や技術者、音楽家らと協働して、彫刻、写真、パフォーマンス作品を発表している。

1_AndreasGreiner.jpg
《Studies of an Alien Skin》 2016 映像

 

ミルナ・バーミア|Mirna Bamieh
2016年度海外クリエーター招聘プログラム

1983年パレスチナ生まれ。ラマッラー(パレスチナ)を拠点に活動。2013年ベツァルエル美術デザイン学院修了。アシュカル・アルワン・レバノン現代芸術協会ホーム・ワークス・プログラム2013/2014参加。土地や領域、アイデンティティの問題と常に直面しながら活動している。紛争地を写す画像や映像にあふれる現代社会において、それらを加工することで身体に刻印された苦悩やトラウマを浮き彫りにする。

2_MirnaBamieh.jpg
《(dis)concert: a humming project》 2017-
ビデオ・サウンド・インスタレーション
作曲:平山晴花

 

リギョン|Ligyung
2016年度海外クリエーター招聘プログラム

1969年韓国生まれ。ソウルを拠点に活動。1998年チェルシー・カレッジ・オブ・アート・アンド・デザイン(ロンドン)修了。2014年に銀座メゾンエルメスにて「『逆転移』リギョン展」開催。「見えるものを信じる」ことの不完全性を問い続けながら、光やサウンド、複雑に編み込まれたレンチキュラーなどを用いた作品を発表している。

3_Ligyung.jpg
《more Light:Gazing into the void》 2014
レーザーライト、煙霧、マルチチャンネルサウンド

 

ラウル・ワルヒ|Raul Walch
2015年度海外クリエーター招聘プログラム

1980年ドイツ生まれ。ベルリンを拠点に活動。2012年ベルリン芸術大学空間実験研究所(オラファー・エリアソン・クラス)修了。社会学的な観点から世界各地における人権問題や労働問題、政治的な課題を調査し、彫刻、コンセプチュアル・アート、パフォーマンス等を通し、サイトスペシフィックな作品を発表している。

4_RaulWalch.jpg
《Miraculous Semaphore》 2016
メインセール、三角帆、帆布にテキスタイル彩色

 

シリン・サバヒ|Shirin Sabahi
2016年度二国間交流事業プログラム<ベルリン>

1984年イラン生まれ。1980年代のイラン・イラク戦争下にイランで日本のアニメを見て育ち、日本の「カワイイ」文化の持つ二面性、形の抽象化に関心を抱く。簡略化・抽象化された形に意味を付与する可能性について探究し、写真や映像作品、テキスタイル作品を制作している。

5_ShirinSabahi.jpg
《Borrowed Scenery》 2017 映像

 

エリック・シュミット|Erik Schmidt
2015年度二国間交流事業プログラム<ベルリン>

1968年ドイツ生まれ。ベルリンを拠点に活動。2000年ベルリン芸術大学修了。ドイツの貴族が嗜む狩猟、ニューヨークのダウンタウンにおけるオキュパイ運動、イスラエルの地方労働者といった、その土地で受け継がれる習慣や文化、社会問題に触れ絵画を制作する。また、自ら出演し、これらの主題を扱ったパフォーマンスを撮影した映像作品も発表している。

6_ErikSchmidt.jpg
《Cut/Uncut》 2015 映像

 

ホウ・イーティン|Hou I-Ting
2015年度二国間交流事業プログラム<台北>

1979年台湾生まれ。台北を拠点に活動。2008年国立台南芸術大学大学院修了。機械やデジタル技術が人の行為をどのように変化させているかを検証し、急速に変化する近代、現代社会における労働、身体性に着目した作品を制作している。

7_HouI-Ting.jpg
《Sewing Field》 2015 パフォーマンス

TOP