Mail Magazine

 

Archive

レジデンス

オープン・スタジオ 2015-2016/3月

1603OPENSTUDIO-290-290.jpg

  • 会 期:
    2016年03月12日(土)
    時 間:
    11:00 - 17:00
    入場料:
    無料、予約不要
    主 催:
    公益財団法人東京都歴史文化財団トーキョーワンダーサイト
    会 場:
    トーキョーワンダーサイトレジデンス
    アーティスト:
     
    <海外クリエーター招聘プログラム>
    コビール・アフメッド・マスム・チスティー
    (バングラデシュ|アニメーション、パフォーマンス)
    アディティア・ノヴァリ(インドネシア|インスタレーション)

    <二国間交流事業プログラム>
    フランツィスカ・フルター(スイス|ドローイング)
    ホウ・イーティン(台湾|パフォーマンス、デジタルイメージ)

    <芸術文化・国際機関推薦プログラム>
    ジョゼ・ペドノー(カナダ|写真、インスタレーション)
    ビョルン・メルフス(ドイツ|映像)

    <リサーチ・レジデンス・プログラム>
    マヌエル・シルヒャー(オーストリア|インスタレーション、リサーチ)
    インガ・ザイドラー(ドイツ|リサーチ、キュレーション)
    イサベル・デ・セナ(ドイツ|キュレーション、執筆)

    *展示のみ参加
    ジョシュア・D・ゴンサルヴェス(レバノン|執筆、リサーチ)
    ミーシャ・クラニックスフェルト(ドイツ|パフォーマンス)

    イベントチラシをダウンロード (1.1 MB)

トーキョーワンダーサイト(TWS)レジデンスは、アート、デザイン、建築、キュレーションといった創造的分野で活躍する世界中のクリエーターが来日して滞在制作やリサーチ活動を行う施設です。2014年に、青山から墨田へ拠点を移し、宿泊室やスタジオを備えた「TWSレジデンス」を開館しました。

今回のオープン・スタジオでは、8名のクリエーターが参加し、普段はなかなか見ることのできないクリエーターの創作の過程を公開します。作家本人によるプレゼンテーションも行いますので、お誘い合わせの上、是非お越しください!

(3/10更新)ビョルン・メルフスがオープン・スタジオに参加します!

・施設内の見学≫スタジオの他に宿泊室や共有スペースなどもご覧いただけます。
・海外提携機関の資料展示≫レジデンス・プログラムの海外提携機関の各種資料を展示し、質問などにもお答えします。

<トーク・イベント>
14:00-15:30 クリエーターによるプレゼンテーション
16:30-16:45 ビョルン・メルフスによるショートプレゼンテーション
※日英逐次通訳あり
※プログラムはやむを得ず変更される場合もございます。

●二国間交流事業プログラム提携機関:

アトリエ・モンディアル(スイス・バーゼル)
アーツ・イン・レジデンス台北/トレジャーヒル・アーティスト・ヴィレッジ(台湾・台北)

●芸術文化・国際機関推薦プログラム 後援:
ケベック・アーツカウンシル

1KabirAhmedMasumChisty_image.jpg
コビール・アフメッド・マスム・チスティー 《The Acting》 2014

2AdityaNovali_image.jpgアディティア・ノヴァリ 《Conversation Unknown》 2015

3FranziskaFruter_image.jpg
フランツィスカ・フルター 《island est ll》 2014

4ItingHou_image.jpg
ホウ・イーティン 《Sewing Field-2》 Performance, 2015

5JoseePedneault_image.jpg
ジョゼ・ペドノー 《Nævus》 2015

Bjørn Melhus_image1.jpg
ビョルン・メルフス 《THE THEORY OF FREEDOM
3 channel video installation, Kusthal Rotterdam, 2015, Installation view

6ManuelSchilcher_image.jpg
マヌエル・シルヒャー Room of Names, Mauthausen Memorial, Austria

7inga_image.jpg
インガ・ザイドラー Tokyo research, 2016

8IsabeldeSena_image.jpg
イサベル・デ・セナ Gosper Glider Gun on Population (Conway's Game of Life)
TOP