Mail Magazine

 

Archive

エキジビジョン

TWS-Emerging 2015 【第3期】

237 阿部友美 / 238 須藤美沙 / 239 菅 雄嗣

banner03.jpg

  • 会 期:
    2015年07月04日(土) - 2015年08月02日(日)
    休館日:
    月曜日(祝日の場合は翌火曜日)
    時 間:
    11:00 - 19:00
    入場料:
    無料
    主 催:
    公益財団法人東京都歴史文化財団 トーキョーワンダーサイト
    会 場:
    トーキョーワンダーサイト渋谷

---------------------------------------------------------------

オープニングイベント | 7月4日(土)

16:30-18:00 アーティスト・トーク
ゲスト:中野仁詞(キュレーター、神奈川芸術文化財団)
18:00-19:00 交流会

---------------------------------------------------------------
ギャラリー・トーク① | 7月25日(土)

須藤美沙 作家が自身の作品について語ります。

14:00 -15:00  

ギャラリー・トーク②| 8月1日(土)
須藤美沙×平松正顕 (国立天文台チリ観測所助教、教育広報主任)
天文学の専門家を招き、作家のモチーフである宇宙の写真について対談します。

14:00 -15:00

---------------------------------------------------------------

 

237 阿部友美 records

 

「人」とはなんだろうか?都市に住んでいた時に感じた、溢れかえる情報によって作られたテンプレートのような「人」というものに疑問を持った。現在、郊外に住み、ふと実感する「人らしい生活」。そんな日常やイメージを作品化することによって、「人」の本質を探っている。

 

07abes.jpg

《Tableland(non-sound)》 2014 岩絵具、公園の砂、新聞紙、和紙

 

238須藤美沙 フォールスカラー

 

私はNASAの宇宙望遠鏡が撮影した色鮮やかな写真に興味があります。この写真の中には目に見える光だけでなく、研究者の手により着色されて、目に見えないものがあたかも事実のように映し出されています。私はこの過程に着目した事から『目に見えている世界だけが唯一の真実ではない』という事について考えながら作品を制作しています。

 

08sudos.jpg

《Hubble Telescope》 2014 鉛筆、パネル

 

 

239 菅 雄嗣 「Enter the 2.5DNo paint no form

 

視覚における境界について制作しています。塗り絵をテーマとした作品では、最初から束縛(始めから線描による図が完成してる)がある塗り絵において、人の想像力は遥かに大きく、その束縛を超えると考えています。束縛があるにもかかわらず、それを超えその先のイメージを見る。色を塗る=描く行為の可能性を探っています。

 

09sugas.jpg

《ぬり絵 其の一》 2014 油彩、キャンバス、プリント

TOP