Mail Magazine

 

Archive

エキジビジョン

218 hop / 219 前川祐一郎 / 220 齋藤永次郎 / 221 谷 正也

TWS-Emerging 2014

em04b03.jpg

  • 会 期:
    2014年10月04日(土) - 2014年10月26日(日)
    休館日:
    10/6、10/14、10/20
    時 間:
    11:00 - 19:00
    入場料:
    無料
    主 催:
    公益財団法人東京都歴史文化財団 トーキョーワンダーサイト
    会 場:
    トーキョーワンダーサイト渋谷

-

---------------------------------------------------------------

オープニングイベント | 10月4日(土)

15:30-17:00 アーティスト・トーク
            ゲスト:鈴木俊晴(豊田市美術館学芸員)
17:00-19:00 交流会

---------------------------------------------------------------

218 hop [―]

空間構成を研究している宮坂直樹と、グラフィックをバックボーンとする相馬翔が2013年にチーム「hop」を結成。異なる分野、異なる視点、異なる進め方を学び、対立させ、弁証法的に物事をホップさせていく。そこから生まれた新しい小さな物事をくみ上げて、この世界に「香り」をつけていく。

218.jpg
《MIKIRIKAITEN》 2013 ミクストメディア 170×18×18cm

-

219 前川祐一郎 [Row Row Row Your Boat]

本当の自分の作りたい、作るべき作品はどこに存在するのだろうか。ストイックに作品の内容を絵の中だけに求めても絵にならない、純粋に絵画を作り上げる形式を壊すというか揺り動かす出来事(あるいはモチーフ、動機)があって初めて今しか作れない、価値観を持った作品というものにたどり着くのではないかと思う。

219_s.JPG
《untitled》 2014 油彩、テンペラ、キャンバス 33.5 ×24.5cm

-

220 齋藤永次郎 [絵の巣]

絵を描く時は昆虫程度の感情しかないので、ハエがコップの水面でバタバタしてるのを見るぐらいのスタンスで絵を見て頂ければ幸いです。

220.jpg
《波殴り》 2012 アクリル、キャンバス  91×73cm

-

221 谷 正也 [風景の稜線]

マンションの屋上から周りを見渡しながら感じていた。日常の光景は尊く、空から視点を地上へ移していく時、連なる幾つもの境目が日常を形成し、また地上から空へ行くにつれ減少する稜線に、人の存在の最果てを想像した。実際に存在しないこの稜線が、私の世界を創り上げていく。

221_s.jpg
《Virtual reality》 2013 アクリル、パネル 130.3×194cm

TOP