Mail Magazine

 

Archive

エキジビジョン

アジア・アナーキー・アライアンス

AAA__手搖旗b.jpg

  • 会 期:
    2014年03月08日(土) - 2014年04月20日(日)
    休館日:
    3/10・17・24・31・4/7・14
    時 間:
    11:00 - 19:00
    入場料:
    無料
    主 催:
    公益財団法人東京都歴史文化財団 トーキョーワンダーサイト 關渡美術館(国立台北芸術大学) / プロジェクト・フルフィル・アート・スペース(台湾)
    助 成:
    財団法人国家文化芸術基金会(台湾)、普瑜投資股份有限公司(台湾)、春之文教基金会(台湾)、TKG Foundation for Arts & Culture
    協 賛:
    EPSON(Taiwan)
    協 力:
    アートフェア東京、NANZUKA、AI KOWADA GALLERY
    企画者:ウー・ダークン(アーティスト、關渡美術館チーフキュレーター)
    会 場:
    トーキョーワンダーサイト渋谷
    アーティスト:
    ヂャン・リーレン
    チェン・ジエレン
    チェン・チンヤオ
    チェン・ジンユエン
    ジョンペット・クスウィダナント
    スン・ユァン+ポン・ユゥ
    ドゥ・ペイシー
    ヤオ・レイヅォン
    イエ・ヂェンユー
    ユェン・グァンミン

TWS渋谷 / TWS本郷同時開催!東京/台湾巡回展!

アジア最強のアナーキスト組織「アジア・アナーキー・アライアンス」が東京に初集結!

昨今のグローバル化が進む世界は、新自由主義と情報ネットワークの時代を迎え、あらゆる境界線が曖昧になりつつあります。一方、アジア諸国は、前世紀からの西洋的概念の広範化に伴い、言論の欠如を受け入れてきました。現代アート界においても、いまだ西洋美術が世界の中心にあり、アジアのそれは言わば亜流であり、添え物のように語られる時代が長く続いています。「アジア・アナーキー・アライアンス」は、そのような状況に波紋を投じるべく、我々がアジアで直面している様々な問題を集結し、アートの文脈に載せて発信します。

■TWS渋谷展示作家■
チェン・ジエレン|陳界仁 (台湾)
1960年台湾生まれ、在住。台湾を代表し、世界で活躍する映像作家。2012年「台北ビエンナーレ」出展。

01_ChenChiehJen-TheRoute_web.jpg
《The Route》2006、シングルチャンネルビデオ

スン・ユァン+ポン・ユゥ|孫 原・彭 禹(中国)
スン・ユァン 1974年中国生まれ。ポン・ユゥ 1972年中国生まれ。

10_Sunyuan&Pengyu_TradingFutures.jpg
《開けゴマ》2011年、ミクストメディア

ユェン・グァンミン|袁廣鳴 (台湾)
1965年台湾生まれ、在住。

02_YuanGoangMing_Landscapes_of_the_energy-01_1.jpg
《エネルギーの風景》2014、シングルチャンネルビデオ


■TWS本郷展示作家■
ヂャン・リーレン|張立人 (台湾)
チェン・チンヤオ|陳擎耀 (台湾)
チェン・ジンユエン|陳敬元 (台湾)
ドゥ・ペイシー|杜珮詩 (台湾)
ヤオ・レイヅォン|姚瑞中 (台湾)
イエ・ヂェンユー|葉振宇 (台湾)
ジョンペット・クスウィダナント(インドネシア)

詳細はTWS本郷ページをご覧ください。

■東京湾ボート会議参加作家■
西京人 [小沢剛、チェン・シャオション、キムホンソック] 、坂口恭平、ウー・ダークン
ゲスト:毛利嘉孝氏
*展覧会開催に先駆けて実施された東京湾ボート会議の様子を両会場にて上映します。

AAAboatconference.jpgのサムネイル画像

■サテライトプログラム「AAA東京アライアンス」■
会期中、TWS渋谷・TWS本郷の他、都内のギャラリーやアーティストの企画と連携したプログラムを展開します。

詳細は「AAA東京アライアンス」特設ページをご覧ください。

passport.JPGのサムネイル画像

■AAA facebook page■
企画者ウー・ダークンによるfacebook pageです。最新情報や舞台裏をご覧になれます。

■本展覧会について■
本企画「アジア・アナーキー・アライアンス」は、台湾の若手キュレーター育成を目的とした「インターナショナル・レジデント・リサーチ・アンド・エキシビション・エクスチェンジ・プログラム」(財団法人国家文化芸術基金会[台湾]主催)の公募審査を経て選出されました。企画者ウー・ダークンは、2012 年、トーキョーワンダーサイト(TWS)の協力のもと、TWS 青山:クリエーター・イン・レジデンスに滞在、調査を行いました。その成果として、ローカルかつグローバルな視点から、国際社会の流れの中で、アジアの現代アートが世界との対話に立ち向かう姿勢を提起します。

TOP