Mail Magazine

 

Archive

コンサート

EXPERIMENTAL SOUND & ART FESTIVAL

On Site Lab Emerging Artist Support Program Music 2008 音楽企画公募 

  • 会 期:
    2009年01月21日(水) - 2009年01月25日(日)
    入場料:
    各公演情報をご参照ください
    主 催:
    財団法人東京都歴史文化財団 トーキョーワンダーサイト
    時間: 各公演情報をご参照ください 
    申し込み: お名前、連絡先、申込人数、申込希望イベントを明記のうえ、FAX(03-5689-7501)、E-mail: performingart08@tokyo-ws.orgにて、お申し込みください。
    会 場:
    トーキョーワンダーサイト本郷
    アーティスト:
    チャールズ・エリック ビラード、清水友美、 ゾルゲルプロ、秋元美由紀、河合政之、山口恭子、つむぎね、田中 翼、鳥は卵の中から抜け出ようと戦う 、 須藤英子、畑中明香 ほか

    各演奏・パフォーマンス風景はこちらのボタン、または下記の動画ボックス内の▲マークをクリック。

    イベントチラシをダウンロード (3.9 MB)

Emerging Artist Support Program Music は、トーキョーワンダーサイトが2004年度から実施している若く才能豊かな音楽家を発掘・育成するプログラムです。

多くの若手芸術家に、世界に開かれた芸術文化の創造と発信の場を設け、国際的に活躍する様々な分野の芸術家が集い、対話するプログラムとして、国内外に向けて広くジャンルを超えた新しい実験的な企画を公募しました。
選考の結果、様々なジャンルとサウンドとのコラボレーションの企画が入選となり、即興演奏、マルチメディア・パフォーマンス、現代音楽など新しい実験的な空間の場として、挑戦的な新しい企画を5日間かけて毎日開催し、東京から世界に向けて発信します。

 

■各演奏・パフォーマンスの様子(動画) ↓

 

 

 

 

【2009年1月21日(水)】========================


『虚像になるとき』
 
  日時: 2009年1月21日(水) 19:00開演/18:30開場
  料金: 2,000円
  協力: 株式会社エポック社、有限会社eight -E-eight/Maki iketani(E.P.)    
  後援: ゼノンコンサルティング株式会社 
  認定: [社]企業メセナ協議会
    epochlogo-thub-100.jpg LOGO.JPGのサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像  mecenat1.jpgのサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像

寒川.JPGのサムネール画像

■プログラム
写真のピアノは、シルバニア村からいくつもの山や川を越えた動物たちの街で、音楽家のグレーネコのお父さんが演奏会を開いた時に初めて使用されました。この公演では、複製品を利用して、交錯する時空間の中で更なるピアノ演奏会の可能性を開きます。
 ※シルバニアは(株)エポック社の商標登録です。

【2009年1月22日(木)】========================

 
チャールズ・エリック ビラード 
『3−Dスペーススリター』 

  出演: チャールズ・エリック ビラード
  日時: 2009年1月22日(木) 17:00開演/16:30開場
  料金: 2,000円
 協力: Stereoeye、VIDEOART CENTER TOKYO、SOHO art gallery café 
          STEREOeye logo.jpgのサムネール画像のサムネール画像 vct.jpg    SoHo Logo.jpgのサムネール画像のサムネール画像           
   後援: カナダ大使館
     カナダ大使館.jpgのサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像 
3-D JOE HOUSE.jpgのサムネール画像

■プログラム
「3D時空Slitars」は、オリジナル楽器Slitarによる即興演奏、3D映像、そして映像作品「the Bath Project」「おしりかじり虫」「Tabo et Charles sur le Toit」の音楽によるマルチメディア・パフォーマンスである。

----------------------------------------------------------


清水 友美 
『日記の断片 ~リュック・フェラーリ賛~』 

  出演: 清水友美
  日時: 2009年1月22日(木) 19:30開演/19:00開場
  料金: 2,000円
  協力: 映像宮大工(舞台監督)、清水好美(映像)、有馬純寿(音響)、
            末村美紀子(照明)、清水美知代(舞台美術)、ジョイントワークス(機材)

企画3_清水.jpgのサムネール画像

■プログラム
'05年に急逝した仏の作曲家リュック・フェラーリの追悼公演。彼のピアノ作品演奏を軸に、ダンス・朗読・映像・照明・オブジェ・電子音楽を組み合わせ、彼との想い出をソロパフォーマンスとして再構成する。
 ・日記の断片/リュック・フェラーリ
 ・小品コレクション、あるいは36の続き、ピアノとレコーダーのための(抜粋)/
   リュック・フェラーリ
 ・サリスベリー・カクテル/リュック・フェラーリ

 
【2009年1月23日(金)】========================
 
ゾルゲルプロ 
『ゾルゲル音楽』
 
  出演: 子安菜穂、鈴木携人
  日時: 2009年1月23日(金) 18:30開演/18:00開場
  料金: 500円 


企画4_子安.jpgのサムネール画像
 
■プログラム
水の動きを利用して音に変化を与えるガラスでできた自作吹奏楽器「クナイフ」とスライムを楽器として演奏。流動体に息を吹きこむ事によって生まれる音楽。

----------------------------------------------------------

秋元 美由紀+河合 政之 
『ひびきあうイメージ~光琳「紅白梅図」によるヴァリエーションズ』 

  出演: 秋元美由紀(作曲家)、河合政之(ヴィデオアーティスト)、
            江副麻琴(ヴァイオリン)、田中やよい(ピアノ)
  日時: 2009年1月23日(金) 20:00開演/19:30開場
  料金: 2,000円
 協賛: link08.jpg  link09.jpg
 
korin01.jpeg 

■プログラム
日本の古典的な美術作品にインスパイアされた現代的なヴィジュアルとサウンドの融合。尾形光琳の「紅白梅図」をモティーフにした、ハイビジョン3面と生演奏による今までに体験したことのない音楽と映像の新たな時空間。


【2009年1月24日(土)】========================
 
山口 恭子 
『羽衣』 

  出演: 津村禮次郎(謡)、佐藤美紀(振付)、ウェザフォード美輝(ダンス)、
      鈴木俊哉(リコーダー)、安江佐和子(打楽器)
  日時: 2009年1月24日(土) 14:00開演/13:30開場
  料金: 2,000円
 
企画6_山口.jpgのサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像
 
■プログラム
能「羽衣」の世界を描く。能楽師、ダンサー、音楽家によるコラボレーション。

----------------------------------------------------------

つむぎね 
『ね、』 

  出演: つむぎね
  日時: 2009年1月24日(土) 16:30開演/16:00開場
  料金: 1,000円


企画7_宮内.jpgのサムネール画像


■プログラム
音楽表現と身体表現の融合を目指し、個々が音の粒子となり、身体の持つ固有のリズムに基づいたルールをもとに身体運動も交えて自由に音を発し、その総体としての音像が音楽を形成していくようなパフォーマンスを行う。
 ・breath strati/宮内康乃
 ・さざなみ/つむぎね 

----------------------------------------------------------


田中 翼 
『情報技術時代のピアノ音楽』 

  出演: 田中 翼
  日時: 2009年1月24日(土) 20:00開演/19:30開場
  料金: 1,500円

08.jpg
 
■プログラム
情報技術の発展と共に、音楽を自動生成する方法が探求されてきました。本演奏会では、データベースからの再合成、対話的進化論的計算、新調性主義等、情報技術に関わる様々な思想や方法に基づくピアノ曲を取りあげます。
 ・新曲初演/三輪眞弘         
 ・斉唱法|斉奏法/田中 翼  
 ・クリーッスティ ベッカロ/クラーレンス・バルロー 他 



【2009年1月25日(日)】========================

鳥は卵の中から抜け出ようと戦う 
『トーキョーワンダーサイト本郷の場合』 

  日時: 2009年1月25日(日) 12:00開演/11:30開場
  料金: 1,000円
09.jpg
■プログラム
音とパフォーマンスの空間。既成の表現形式に終始しない『音』を体験して欲しい。

----------------------------------------------------------

須藤 英子 
 『From東京』 

  出演: 須藤英子
  日時: 2009年1月25日(日) 14:00開演/13:30開場
  料金: 2,000円
  後援: Asian Cultural Council 日米芸術交流プログラム、
            社団法人 全日本ピアノ指導者協会
            acc_link10.jpg   ピティナロゴ.jpgのサムネール画像


企画10_須藤.JPGのサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像
 
■プログラム
東京生まれのCool で Lovelyで Orientalなピアノ曲の数々を、一挙ご紹介!
なるほど東京!これが東京? 東京人ピアニストが東京の作品を世界に発信します!
 ・ピアノメディア/一柳慧         
 ・リタニア/佐藤聡明       
 ・Azur pour piano/深見麻悠子
 ・テクノ・エチュード/田中カレン 他

----------------------------------------------------------
 
 
※企画者の都合により、1月25日(日)に予定しておりましたtrio amokkoma 『amokkoma』が変更となりました。代わりに、畑中 明香 『変遷・音の行方 20世紀から21世紀へ』を開催します。

 
畑中 明香
 『変遷・音の行方 20世紀から21世紀へ』

 出演: 甲斐史子(バイオリン)、大須賀かおり(ピアノ)、畑中明香(打楽器)
 日時: 2009年1月25日(日) 19:00開演/18:30開場
 料金: 2,000円
  後援: 関西打楽器協会
 
bhnenbilder - 09.jpgのサムネール画像のサムネール画像

■プログラム
各奏者によるシュトックハウゼンのソロを3作品。後半は東洋・西洋の今も活躍する作曲家―G.Aperghis,福井とも子―などの作品を。1950年以降から現在に至るまでの作品を集めた。パワフルで魅了的な現代音楽の夜。
 ・In Freundschaft (1983)/ K.Stockhausen
 ・Schlaglicht(2002)/福井とも子
 ・トリオ・インターリンク(1990)/一柳慧 他


 

※プログラムは変更になる場合がございます。予めご了承下さい。
TOP