Mail Magazine

 

Archive

エキジビジョン

ヴィック・ムニーズ 「ビューティフル・アース」

  • 会 期:
    2008年11月22日(土) - 2009年03月01日(日)
    休館日:
    月曜日(祝日の場合は翌火曜日)、年末年始(2008年12月29日~2009年1月5日)  
    時 間:
    11:00 - 19:00
    入場料:
    無料
    主 催:
    財団法人東京都歴史文化財団 トーキョーワンダーサイト
    協 力:
    Galeria Fortes Vilaça、田口弘、アート・オフィス・シオバラ
    認定:日伯交流年認定事業 
    後援:ブラジル大使館 
    協賛:日本航空 
    会 場:
    トーキョーワンダーサイト 渋谷
    アーティスト:
    ヴィック・ムニーズ

    イベントチラシをダウンロード (3.9 MB)


1961年ブラジルのサンパウロに生まれ、83年にニューヨークに移住、現在もニューヨークを拠点に世界各国で活動を続けるヴィック・ムニーズの個展「ビューティフル・アース」を開催します。
本展は、2008年の新作シリーズ「ピクチャー・オブ・ガベージ」を中心に、大空に雲を描いた「ピクチャー・オブ・クラウド」、ブルドーザーで大地にコンセントなどを描いた「ピクチャー・オブ・アースワーク」、ピグメン(色土)で描いたピカソの「泣く女」など、計40点を展示し、そのほとんどが日本初公開となります。

 

ニーズの作品の特徴のひとつは、作品を構成する素材にあります。砂糖(サンパウロの路上生活の子ども)、チョコレートシロップ(最後の晩餐)、ピーナッツバター(モナリザ)、金属片や枯れ葉(セルフポートレイト)といった一瞬しか形をとどめることができないものです。これらの素材は、視覚以外の味覚、臭覚、触覚に刺激を与え、描かれたイメージは、時に、見る者の体にしみ込んでくるようです。そして作品に近づいた観客の関心は、イメージ自体からそのイメージを構成する要素に移行し、この世の真と偽を体験します。
このような身近にある素材を用い、一見絵画かと錯覚させる生々しい立体感とスケールで平面と立体が同時に成立する独自のスタイルは、90年代はじめに確立され、絵画とは、写真とはという問いを投げかけ続けています。

本展のハイライト作品は、「ピクチャー・オブ・ガベージ」のシリーズで、大量の生活ゴミを用いて描かれた、神話や歴史上の人物のポーズを引用した「アトラス」、「母と子」、「マラーの死」などの計7点で、この度、世界で初めて一同に公開されます。この一連の作品は、リオデジャネイロにある南米最大規模のゴミ処理場「ジャウジン・グラマーショ(Jardim Gramacho)」で清掃・廃棄物収集などに従事する人々とのコラボレーションによって制作され、彼らは、作品のモデルをつとめ、バスケットボールコート2面分の大きさで描かれ撮影されました。
 
このようにムニーズは、地球狭しと言わんばかりに、世界中で人々を巻き込みながらさまざまなプロジェクトを展開し、精力的に作品を作り続けています。知的で社会的な意図を含みながらもユーモアあふれるムニーズの作品の世界を、みなさまにご堪能いただければと存じます。
この企画は、本年度よりTWSが始めている環境とアートの新しい課題をクリエイティブに考えるシリーズ「Agenda of Art」のひとつになります。



関連イベント:  ※終了しました

ヴィック・ムニーズによるアーティスト・トーク  
日時:2008年11月23日(日) 15:00~17:00
会場:トーキョーワンダーサイト渋谷
参加費:無料 


関連情報:  ※終了しました

ヴィック・ムニーズ 出品展覧会
東京都現代美術館「ネオ・トロピカリア:ブラジルの創造力」
(10月22日~2009年1月12日)
http://www.neo-tro.com

 

Atlas_300dpi_8x10_800.jpg
ヴィック・ムニーズ《アトラス(ピクチャー オブ ガベージ)》 2008年、デジタルCプリント
 

Cloud Cloud, Manhattan (2002)_800.jpg 
《クラウド クラウド, マンハッタン (ピクチャー オブ クラウド)》、2002年、ゼラチン・シルバー・プリント       
---------------------------------------------------------------------------
タイトル下:《アウトレット (ピクチャー オブ アースワークス)》 2005年、ゼラチン・シルバー・プリント

TOP