Mail Magazine

 

About us

館長からのメッセージ

「クリエイティビティ(創造性)」こそが人間の証ではないでしょうか。
生きるとは、創造的な行為であり、実はその様に理解されていない、政治や経済も創造的な行為なのです。そのなかでアートは、もっとも自由で根源的な行為です。そして「創造性」は「感性」とも言い換えることができます。感性によって物事を把握し、享受する力も創造する力なのです。
東京あるいは日本において芸術文化はどのような位置に置かれているでしょうか?「芸術文化」は常に趣味あるいは余力に位置づけられて来ていると言っていいでしょう。しかし「芸術文化」を「創造性」と言い換えたならば、それは人間活動を支える基盤であるはずなのです。メトロポリスは、その多様な創造性が渦巻く都市です。東京というメトロポリスはすべてのクリエイティビティの萌芽があるといっても過言ではないでしょう。
世界は狭くなりました。しかし、真のダイアローグはまだまだ不十分です。東京はそのダイアローグを行う格好の地だと考えます。アジアにおいて近代化は西欧化を意味しますが、そうとは言い切れない近代化が行われ、西洋と東洋の知恵が共存する街、東京。伝統と未来、そして豊かな生活文化が息づく街、東京。ここで人々が出会い、自由に意見を交換することができます。そのダイアローグこそが創造性を刺激し、新しい地平を切り開いてゆくことでしょう。
トーキョーワンダーサイトでは、その多様な個々の世界観、価値観としっかり向かい合いながらダイアローグを続けられる場所でありたいと思っています。

トーキョーワンダーサイト館長: 今村有策

TOP