Mail Magazine

 

About us

トーキョーワンダーサイトのあゆみとこれから

これまでの日本にないアーティスト支援の開始

2001年、日本はいまだバブル崩壊の余韻を引きずり、芸術文化活動は冬の時代を過ごしていました。東京は若い多くの有能な人材を擁していながら、それらを発表する機会も恵まれず、また経済的にも支援されない状況でした。そのような状況に対して、東京都はどのような文化政策を実施すればよいのか。その1つの回答の実験として、2000年5月「トーキョーワンダーウォール」という新しい形の公募展がスタートしました。これは東京という街のヒンターランドに存在する数多くのアーティストを顕在化することを目的としたもので、東京都が初めて若手芸術家の発掘、支援を目的に事業を開始したのでした。その活動をより発展させて、東京の若手芸術家支援を行う恒常的な活動と場を設けることになりました。そのような経緯からトーキョーワンダーサイトは生まれました。



みんなで「場」をつくる

トーキョーワンダーサイトは、開館当初から東京の新しいアートのプラットフォーム、地平をつくることを目標として活動を開始しました。それはこれまで日本にはなじみのなかったアートセンターであり、それ以上に公共による芸術活動支援機関であり、文化政策を行う上での実験機関であり、ジャンルを超えたクリエーターの交流の場づくりでした。当初掲げられたテーマが「メイキング・サイト」。みんなで「場」をつくっていこうということが一番のテーマでした。トーキョーワンダーサイトの活動開始以来、日本の若手クリエーターの登竜門のひとつとして機能してきました。



アジアにおけるオルタナティブ・スペースの台頭

世界に目を向けると、2000年を境にアジアにはオルタナティブ・スペースと呼ばれる既存の美術館やギャラリーの範疇を超えた新しいスペースが、続々と生まれてきていました。それらは、まさしくトーキョーワンダーサイトが活動の目的としていたように、今までのアジア各国に存在しなかったクリエーターとコミュニティのためのスペースを、クリエーターや芸術文化に携わる人々自らの手で作られていったのでした。トーキョーワンダーサイトはそれらの世界各国の活動と連携しながら、自分たちのミッションをより明確にしていきました。



より国際的なネットワークの中で

活動開始から4年目となる2005年、国際ネットワークのプラットフォームの強化をめざし、国内外のオルタナティブスペースや国際的芸術文化機関との連携プロジェクトや国際的に活躍する海外のクリエーター、および日本の若手クリエーターの紹介を目的に、トーキョーワンダーサイトの2館目の施設、TWS渋谷が開館しました。同時に、アートギャラリーとカフェを複合した"アートカフェkurage"を併設(現:TWSアートカフェ 24/7 coffee & roaster)。渋谷を訪れる人たちがアートをより身近な存在に感じることができるような新しいスタイルの東京のギャザリング・スポットづくりを目指しました。国内外の芸術文化機関やオルタナティブ・スペースとの連携プロジェクトや中堅のクリエーターや国際的に活躍するクリエーターとの共同作業により、トーキョーワンダーサイトは国際的な認知度が高まり、東京における数少ない国際文化交流の拠点として重要な役割を担うこととなりました。



さらなる「創造」と「対話」の場へ

国際交流事業へのニーズの高まりとともに、より創造支援に舵を切るべく2006年、国連大学旧研究研修センターに、アーティスト・ イン・レジデンスの施設、TWS青山:クリエーター・イン・レジデンスを開館しました。他の2館と同様に、数年間活用されていなかった既存の施設に最低限の改修を加え、国連という世界平和を目指す機関から芸術文化を通じて国際文化交流を行う施設へと転用させました。クリエーターが多く集まる青山に位置し、周辺のクリエイティブな環境と呼応しながら、アートからデザイン、音楽など幅広い分野の若手クリエーターの国際的な創造・制作拠点として活動を始めました。

TWS青山の開設によって、より創造そしてプロセスの共有を行える場が生まれ、近接するTWS渋谷とともに、滞在、調査、制作、展示を総合的に行う東京の新しい国際的なプラットフォーム、アートセンターとしての活動が可能となりました。レジデンス事業では、クリエーターの受け入れだけでなく、海外への派遣事業も行い、双方向の国際文化交流を推進しています。同施設は、2014年秋に墨田区へ移転し、新しい立地環境で、「トーキョーワンダーサイト レジデンス」としてさらなる発展を目指していきます。



現代社会の問題と教育

アーティストの支援に関しては、大学卒業すぐの世代から、30代半ばで中堅と呼ばれる世代まで、段階的な支援のプログラムを開館当初から現在に至るなかで整えてきました。大学、大学院卒業世代が参加する「トーキョーワンダーウォール」、そしてその入選者から選出される「TWS-Emerging」に始まり、20代後半から30歳半ばで活躍するアーティストたちを紹介する「TEAM」、その世代を海外のレジデンス機関へ派遣する「レジデンス・プログラム」と、クリエーターの年齢とレベルに対応したステップを提供できるようになりました。そしてトーキョーワンダーサイトのステップを手掛かりに確実に成長を遂げるクリエーターたちの活躍が各所で目に留まるようになりました。この取り組みは継続してこそ意味が生まれてきます。 トーキョーワンダーサイトではこの段階的支援のステップをより確実なものにしていきたいと思っています。

一方、この若手クリエーターの育成ステップの完成の傍らには、まだまだ未解決の東京が抱える芸術文化の問題があります。それは、現代芸術は単に美的な問題を扱うのではなく、現代社会の課題を多く取り扱うものでありながら、今だにそのような社会の課題を扱う現代アートが、この日本の社会に根付いて来ていないことです。それは教育にも大きく関係する問題です。私たちはこれまで、そのような大きな問いを考える力よりも、答のある小さな問題を解決する力を養うことを重視する教育を行ってきたのではないでしょうか? トーキョーワンダーサイトでは、このような問題についての活動も行ってきました。現代の社会が抱える問題に対して、アートの力、芸術文化から何ができるのか、そして、それに対する発言力、問題提起力をどのように持つことができるのか。この2つの観点から新たな活動の柱を作ってきました。
トーキョーワンダーサイトは常に東京のアートプラットフォームの最先端として、東京におけるクリエイティビティを世界へ発信し、真のダイアローグを行う場所として機能していきます。

TOP